玄関の横に設けられるシューズクローク。このシューズクロークは収納量と動線に注目しましょう。ここに収納する物をまず事前に把握しておくのです。靴や傘だけではなく、工具や子ども達の屋外用のおもちゃ、ベビーカーに旦那さんの趣味のゴルフバックなどまで収納できるように我が家は計画しました。広々としたシューズクロークを設けたことで玄関スペースに靴箱を設置する必要がなく、スッキリと広々とした玄関が広がっています。

シューズクローク内にはL字型に可動オープン棚を設けています。家族の靴を大容量に収納しておくだけでなく、工具や屋外用おもちゃ、洗車道具やアウトドア用品なども棚に整理することができています。オープン棚なのでどこに何があるかが一目で把握できますし、出し入れのしやすさも高いです。棚の下部にはハンガーパイプを設けているので傘やボールなどを吊るして収納することができています。

土間収納スペースもしっかりと確保しているので、三輪車やベビーカー、ゴルフバックなど、子ども達が成長すれば部活用品なども収納できる広さがあります。このスペースは、屋外で使用して汚れている状態でもサッと片づけられるため非常に便利ですし、そのおかげで玄関スペースにいつまでも物が置きっぱなしになるのを避けられています。

このシューズクロークから室内へと入れるように動線を確保しました。靴や物をしまうと同時に室内へとスムーズに入ることができるため無駄な動きが全くありません。小さな子ども達でも自分の靴やおもちゃを片付けて室内へ入ってくるという習慣が自然と身に付いているのです。このようなシューズクロークを設けて、玄関をスッキリと保てるようにしましょう。