最高の住宅を目指して

新築を建てた友人がもっとこうしておけば良かったなどと愚痴をこぼす人がいます。事前に何度も考え最高の住宅を完成させたつもりが、いざ生活してみると不便さや欲が出てきてしまうのです。また住宅を建てる際には決めることがたくさんあり、段々面倒くさいと感じてしまうこともあると言います。一生に一度の大きな買い物となる住宅をこのような状況に私はしたくありません。友人達の話を聞きマイホームには最高の環境を整えたいと思っています。

まず住宅を建てた友人達が口を揃えて言うことは収納です。キッチンにはパントリーを設けること!玄関にはシューズクロークを設けること!と言われました。その他各部屋にも収納スペースをしっかり確保しておくことは住宅の最低条件のようです。私も収納においては無駄なスペースを生まず、少しでも空いたスペースがあれば収納スペースになるようにしようと思っています。

次に、和室を設ける位置について迷っていました。リビングにつなげて設けるべきか、独立した空間として部屋を設けるべきか悩んでいました。フローリングが主流の現在ですが、私は必ず和室を一室でもいいので設けたいと考えていました。その理由の一つとして、私たち夫婦の両親が遠方に住んでおり、我が家に遊びに来る際には泊りになるからです。せっかく遊びに来てくれる両親や友人達を特別な空間でゆっくりしてもらいたいと思うと和室は独立した空間の方がいいのかなと思っていました。

友人からのアドバイスは独立した空間は部屋として使用勝手が良くなく、リビングに繋がっている方が、人が集まった時リビングを広くしたい時にも有効活用できるし、リビングの隣なので親の目も届きやすく子どもの遊ぶスペースとしても活用しやすく、昼寝にも活用でき使い勝手が大変いいと言います。その話を参考にしつつ最高の住宅にしたいと思います。

失敗しない家造り

住宅購入は人生最大の買い物です。誰もが後悔や失敗をしたくないものです。家造りを成功させるには依頼する業者が大きなポイントとなってきます。この業者選びを重要視した方がいいのです。希望に合った、または希望以上の家が出来上がるかどうかは最適なパートナーに出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではないのです。

しかし、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。その中から一社選び出すというのは容易なことではありません。まずは大手ハウスメーカーと工務店の特徴を知り、どちらが自分達に合っているかを見極めることから始めてみるのもいいと思います。

大手ハウスメーカーの特徴は、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。カタログやモデルハウスなどから家造りのイメージを沸かせるための材料が豊富にそろうのです。営業・設計・施工など各部門の人材はそれぞれに教育されているのでしっかりとしているという印象を抱く人が多いのです。デザインや提案力に優れていると感じることも多いでしょう。しかしその反面、自社商品のみしか売ってくれなかったり、商品の規格化のため、自由にならない部分があるのです。また、広告宣伝費やモデルハウス維持管理費など様々な経費が建築費に上乗せされてしまうので、価格がどうしても高めになってしまうのです。

地元に密着した工務店は、地域での評判を大切にするため、施工はもちろん引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視しています。契約を行う会社と施工者が同一のため、責任の所在がはっきりしているのも安心できます。しかし世間一般的に会社規模が小さいため不安視されることが多いです。洗練されたデザインや提案力に掛けていると感じる人も多いです。まずはどちらが自分達に適しているのかを考えてみて下さい。

アレンジできる子ども部屋

子ども部屋は子どもの成長過程によって空間に求められるあり方が変わってきます。この子どもの成長に合わせて、ピッタリの子ども部屋になるようにアレンジできる空間造りをしてみてはいかがでしょうか。

我が家の子ども達はまだ小さく、それぞれに個室を設けても個室として使い始めるまで10年くらい先になることでしょう。それまでただの荷物置きになってしまうのでは意味がないので、広々ワンルームの子ども部屋を設けました。個室を必要としない間はワンルームとして利用します。現在は、走り回ってのびのびと遊べる子ども部屋となっています。小学生頃になると、共に勉強して、共に寝るスペースとして利用します。中学・高校生頃になるとそれぞれの個室を必要とし始めます。そのときは、可動間仕切り収納を用いてこのワンルームを二つの個室に区切るのです。

将来的に二つの部屋になることを想定して、出入りするドアや窓、照明やコンセントなど予め二部屋分設けておくのです。そうすれば大掛かりなリフォームをすることなく、可動間仕切り収納で簡単に空間を二つに分けることができるのです。この可動間仕切り収納を上手に利用すれば、空間を半分だけ区切って、個室になる前の準備期間を設けることもできます。

女性が一人で移動させることもできますし、空間に合わせて1ミリ単位でオーダーメイドできるので住まいにピッタリの可動間仕切り収納を設けられるのです。子ども達が成長するといずれ子ども部屋は必要なくなります。その時は、可動間仕切り収納を移動させ、またワンルームに戻してセカンドリビングとして利用させることもできます。子ども部屋をいつの時も最大限に活用できるようにしたいものです。

リビング階段の家

最近ではリビング内に階段を設けるリビング階段が人気となっています。リビング階段が人気を高めている理由は、家族のコミュニケーションが生まれやすくなることが挙げられます。リビング階段でなく、玄関近くに階段があること帰宅して直接二階の部屋へ行くことができるため、いつ帰宅したのか分からないという日も出てくるかもしれません。逆にいつの間に外出していたという日もあるでしょう。リビング階段であればこのような状況を避けることができます。

帰宅して家族が集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋には行けません。リビングで顔を合わせることで自然と会話が生まれやすくなり家族の意思疎通が上手に行えるのです。親は子どもの表情を伺うことができるので、ちょっとした変化にも迅速に対応できるようになるのです。

リビング階段の階段下の活用法も今までとは一風変わった活用法が取り入れられています。今までは階段下というと掃除機などをしまう収納庫が設けられることが多かったのですが、リビング階段の下は同じ収納でも、隠す収納ではなく見せる収納が取り入れられることが多いです。また収納以外にもカウンターを設けて、パソコンスペースやスタディコーナーが設けられて、居住スペースの一部として活用されることが多いのです。階段をどこに設けるかで住宅内の印象も大きく変わってきますし、階段下の活用法も違ってきます。間取りを考える際には、階段を中心に配置を決めてみるのもいいのではないでしょうか。

サンルーム

我が家はリビングの延長上にウッドデッキを設けています。ウッドデッキがあることでリビングの延長としてこの空間を楽しんだり、庭でバーベキューをする際にもこのウッドデッキが活躍しています。このウッドデッキをより充実した空間にするべく、囲いを設けました。天候や気候に合わせてこの囲いをフルオープンにしたり、全て囲いを閉じたり、セミオープンにしたり空間を自由にアレンジすることができます。

囲いの窓を全て閉めたとしても外の景観や明るさをしっかり得られることで開放感たっぷりの空間が広がるのです。ここで過ごす時間は自然と隣り合わせの時間を過ごすことができます。より身近に庭の景観を楽しむことができ、太陽の日差しをたっぷり浴びたり、小鳥のさえずりを聞いたり、心地よい風を感じたりできるサンルームは自然の魅力をたっぷり感じられるのです。

ここにテーブルやイスを置き、お茶をしたり、読書をしたり、パソコンをしたり自分の時間を楽しむのもいいですし、ペットを過ごす場所としたり、子どもが遊ぶスペースとして利用するのもいいでしょう。ここに洗濯物干し場も完備しました。天候に左右されることなく洗濯物を干せるので重宝しています。天気のいい日には囲いをフルオープンにして、雨や雪など悪天候時でも囲いを全て閉めることでここに洗濯物を干すことができます。花粉や大気汚染が多く飛来する時など、屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じる時は、囲いを自由に調整して花粉や大気汚染を付きにくくすることも可能です。多目的に使用できるサンルームがあることで暮らしが豊かになるのです。

子ども部屋のあり方

家造りの際に子ども部屋を一番に重視するという家庭は意外と少ないです。子どもにとって子ども部屋は住宅内で一番重要な空間なのかもしれません。しかし親目線で考えると、子ども部屋の快適性を高めることで子どもは、自分の部屋にばかりこもりリビングに顔を出さなくなることが心配です。

そこで我が家は適度な快適性を保てる子ども部屋という視点で空間造りをしました。子ども達がまだ小さいのでそれぞれの個室を設けるのではなく、広々ワンルームの子ども部屋にしました。そうすればおもちゃも共有して仲良く遊べる子ども部屋が広がります。お友達が遊びに来てのびのびと遊べる空間があると便利です。学習机を並べて、共に勉強し、共に寝る子ども部屋は子ども達が共に成長するいい空間となることでしょう。

子ども部屋には勾配天井を採用しました。天井が高いことでより広々と開放感を感じられます。将来的には二つの個室に区切ります。個室にした時は一部屋5帖づつの広さです。必要最低限の広さです。個室になった時でも勾配天井にしていることで狭さや圧迫感を感じにくくしました。

そしてこの勾配天井を活かしてロフト収納を設けました。子どもが成長すると共に物も増えていきます。物が増えていくのに、空間は狭くなるのでこのままでは子ども部屋の快適性は得られません。そこでロフト収納に増えていく物をきちんと管理できるように収納スペースを確保したのです。我が家はこのように子どもの成長と共に空間をアレンジできることで子ども部屋の適度な快適性を保つことができるのではないかと思っています。

中二階スペース

先日新築住宅が完成した友人宅を訪れました。その友人宅には、一階と二階を繋ぐ階段の途中に中二階スペースを設けていました。そしてこの中二階スペースの下のスペースを利用してペットコーナーが設けられていたのです。まず中二階スペースは一階のLDKからしっかり目が届き、また中二階スペースから下を覗けば一階のLDKがのぞめます。両方からの見通しがいいことで、子どもが利用するスペースとしても、大人が利用するスペースとしても活用しやすいのです。

この中二階スペースは多目的に利用できるようにカウンターが設けられていました。空間にぴったりのカウンターがあるだけで、ここをスタディコーナーすることができますし、旦那さんの書斎スペースやパソコンスペースとして利用できます。読書スペースや裁縫などの家事スペースとしても利用できるでしょう。あらゆる用途に使用できるように、照明を設置し、カウンターの上にはコンセントも設けられていました。そして収納スペースも設けられていました。子どものおもちゃやパソコン関連用品、本などそこで利用する時に必要な物がサッと揃う環境であれば便利のいい空間となります。

子どもが利用していても一階のキッチンで家事をしながらその様子を伺えれば安心できますし、子どもも一階を見渡せば親の顔が目に入るので安心して過ごすことができます。また大人が利用していても一階にいる家族との繋がりを感じながらも、自分の時間を楽しむことができるのです。この中二階スペースの下に生まれるデッドスペースにはペットの最高の居場所となるような空間が広がっています。このような空間の活用法は今まで見たことがなく、素敵だなと思いました。

子育てのしやすい家

私は家事や育児に奮闘する専業主婦です。家事や育児に追われ一日がアッと言う間に過ぎてしまい、なかなか自分の時間を過ごすことができません。そんな我が家も夢のマイホームを購入しました。その家では子育てのしやすさという点を重視しました。そして今までほとんどなかった自分の時間を楽しめる家にもしたいと思いました。

まず家事の中心であるキッチンからダイニングやリビング、そしてリビングの延長上に設けた和室にまで目が行き届くように見通しの良さを高めました。キッチンで家事をしながらダイニングで食事をする子どもや、リビングや和室で遊ぶ子どもの様子がきちんと確認することで、家事と育児の両立がしやすくなります。子ども達にとっても親の姿が見えることで安心して過ごすことができるのです。

そしてリビングに面してウッドデッキを設けました。このウッドデッキは横幅もありますし、奥行もあります。広々としたウッドデッキがリビングの先に広がることでアウトドアリビングを楽しめる家になっています。ここで子ども達が遊んだり、庭で遊ぶ子どもをゆっくりとお茶を片手に眺めることもできゆっくりとくつろぐこともできます。そしてここに洗濯物干し場を設けました。

ウッドデッキの上には同じサイズの二階のバルコニーが設けられています。ここを利用して天井から吊るすタイプの洗濯物干し場を設けました。洗濯物干し場をここに設けたことで、リビングで遊ぶ子ども達の様子を確認しながら洗濯物を干せるので非常に家事のしやすさを感じています。子育てのしやすい家にするには家事と育児が両立しやすい家を目指すことが第一です。我が家は子育てのしやすい家にして良かったと改めて感じています。

小上がりの和室

最近では和室が一室もないという家も珍しくありません。また和室を設ける場合にはどこに配置するかで和室のあり方も変わってきます。最近ではリビング内の一角に和室を設けたり、リビングの延長上に和室を設ける間取りが人気となっています。普段はリビングとの境に設けてある建具を開け放ちオープンにしておくことで、和室をリビングの延長として活用できるのです。このような間取りにすれば、和室を多目的に普段使いできる便利な空間となるのです。

しかしリビングの雰囲気は洋風で、畳のある和室を違和感なく存在させるには和室を小上がりにするのです。高低差を付けることで繋がっている空間でもメリハリを付けることができます。小上がりの和室には他にも魅力があります。畳の下に生まれるデッドスペースを利用して収納スペースを設けることができるのです。リビングと繋がっている和室であるだけに、リビングで必要な物を収納しておくにも最適ですし、和室で使用する座布団などを収納しておくにも最適なのです。

またちょっと腰を下ろす場所としてもこの小上がりの和室が活躍してくれます。腰を下ろしてそのままゴロンと横になりくつろぐこともできます。休憩後も小上がりになっていることで立ち上がりやすく、次の動作がしやすくなるのです。バリアフリーが主流の現代で、段差をつけることは一見邪道のような気もしますが、これが意外と高齢者にとってお居心地のいい空間となるのです。小上がりではない通常の畳に腰を下ろすよりも、小上がりの和室に腰を下ろした方が次の動作がしやすいからです。段差を設けることで魅力が増える小上がりの和室をぜひ設けたいと思います。

スタディコーナー

子ども達が勉強する場所は、家族が身近にいるリビングやダイニングという家庭が多いです。最近ではリビング学習という言葉さえよく耳にします。子ども部屋で一人でこもって勉強するより、家族が近くにいる環境で勉強をした方が子どもの学力も向上すると言われています。分からないとこりや、疑問に思うところを気軽に親に質問でき、スムーズに勉強が進められるからです。また親にとっても子どもが勉強している様子が間近で見守ることができるので安心できるのです。

このようにリビング学習が定着しているのですが、ダイニングテーブルやリビングのローテーブルで勉強をしている子どもも多いです。しかし食事をするダイニングテーブルで勉強をすれば、食事の度に片付けなくてはいけませんし、食事をする場所に消しゴムのカスが散らかっているのも衛生的によくありません。またリビングのローテーブルで勉強をしてもテーブルの高さが合わず視線を悪くしたり、勉強への集中力が欠けてしまうこともあります。

最近ではリビングやダイニング一角にスタディコーナーを設ける間取りも多くなってきました。くつろぐリビングから緩やかに視線をカットしてより勉強に集中できるようにしたり、しかしキッチンからは勉強している子ども達の様子が分かるようにしたりとスタディコーナーを充実させている家庭も多いです。空間にピッタリのカウンターを設けるだけでなく、カウンター上部にはオープン棚を設けて勉強道具を並べられたり、カウンターの下にはランドセルを置けるスペースを確保したり、子ども達二人並んでもゆったり勉強できる広さにしたり工夫を凝らしたスタディコーナーが多いです。ぜひスタディコーナーを設けて子どもが勉強しやすい環境を整えてあげてほしいと思います。