子ども部屋のあり方

家造りの際に子ども部屋を一番に重視するという家庭は意外と少ないです。子どもにとって子ども部屋は住宅内で一番重要な空間なのかもしれません。しかし親目線で考えると、子ども部屋の快適性を高めることで子どもは、自分の部屋にばかりこもりリビングに顔を出さなくなることが心配です。

そこで我が家は適度な快適性を保てる子ども部屋という視点で空間造りをしました。子ども達がまだ小さいのでそれぞれの個室を設けるのではなく、広々ワンルームの子ども部屋にしました。そうすればおもちゃも共有して仲良く遊べる子ども部屋が広がります。お友達が遊びに来てのびのびと遊べる空間があると便利です。学習机を並べて、共に勉強し、共に寝る子ども部屋は子ども達が共に成長するいい空間となることでしょう。

子ども部屋には勾配天井を採用しました。天井が高いことでより広々と開放感を感じられます。将来的には二つの個室に区切ります。個室にした時は一部屋5帖づつの広さです。必要最低限の広さです。個室になった時でも勾配天井にしていることで狭さや圧迫感を感じにくくしました。

そしてこの勾配天井を活かしてロフト収納を設けました。子どもが成長すると共に物も増えていきます。物が増えていくのに、空間は狭くなるのでこのままでは子ども部屋の快適性は得られません。そこでロフト収納に増えていく物をきちんと管理できるように収納スペースを確保したのです。我が家はこのように子どもの成長と共に空間をアレンジできることで子ども部屋の適度な快適性を保つことができるのではないかと思っています。

中二階スペース

先日新築住宅が完成した友人宅を訪れました。その友人宅には、一階と二階を繋ぐ階段の途中に中二階スペースを設けていました。そしてこの中二階スペースの下のスペースを利用してペットコーナーが設けられていたのです。まず中二階スペースは一階のLDKからしっかり目が届き、また中二階スペースから下を覗けば一階のLDKがのぞめます。両方からの見通しがいいことで、子どもが利用するスペースとしても、大人が利用するスペースとしても活用しやすいのです。

この中二階スペースは多目的に利用できるようにカウンターが設けられていました。空間にぴったりのカウンターがあるだけで、ここをスタディコーナーすることができますし、旦那さんの書斎スペースやパソコンスペースとして利用できます。読書スペースや裁縫などの家事スペースとしても利用できるでしょう。あらゆる用途に使用できるように、照明を設置し、カウンターの上にはコンセントも設けられていました。そして収納スペースも設けられていました。子どものおもちゃやパソコン関連用品、本などそこで利用する時に必要な物がサッと揃う環境であれば便利のいい空間となります。

子どもが利用していても一階のキッチンで家事をしながらその様子を伺えれば安心できますし、子どもも一階を見渡せば親の顔が目に入るので安心して過ごすことができます。また大人が利用していても一階にいる家族との繋がりを感じながらも、自分の時間を楽しむことができるのです。この中二階スペースの下に生まれるデッドスペースにはペットの最高の居場所となるような空間が広がっています。このような空間の活用法は今まで見たことがなく、素敵だなと思いました。

子育てのしやすい家

私は家事や育児に奮闘する専業主婦です。家事や育児に追われ一日がアッと言う間に過ぎてしまい、なかなか自分の時間を過ごすことができません。そんな我が家も夢のマイホームを購入しました。その家では子育てのしやすさという点を重視しました。そして今までほとんどなかった自分の時間を楽しめる家にもしたいと思いました。

まず家事の中心であるキッチンからダイニングやリビング、そしてリビングの延長上に設けた和室にまで目が行き届くように見通しの良さを高めました。キッチンで家事をしながらダイニングで食事をする子どもや、リビングや和室で遊ぶ子どもの様子がきちんと確認することで、家事と育児の両立がしやすくなります。子ども達にとっても親の姿が見えることで安心して過ごすことができるのです。

そしてリビングに面してウッドデッキを設けました。このウッドデッキは横幅もありますし、奥行もあります。広々としたウッドデッキがリビングの先に広がることでアウトドアリビングを楽しめる家になっています。ここで子ども達が遊んだり、庭で遊ぶ子どもをゆっくりとお茶を片手に眺めることもできゆっくりとくつろぐこともできます。そしてここに洗濯物干し場を設けました。

ウッドデッキの上には同じサイズの二階のバルコニーが設けられています。ここを利用して天井から吊るすタイプの洗濯物干し場を設けました。洗濯物干し場をここに設けたことで、リビングで遊ぶ子ども達の様子を確認しながら洗濯物を干せるので非常に家事のしやすさを感じています。子育てのしやすい家にするには家事と育児が両立しやすい家を目指すことが第一です。我が家は子育てのしやすい家にして良かったと改めて感じています。

小上がりの和室

最近では和室が一室もないという家も珍しくありません。また和室を設ける場合にはどこに配置するかで和室のあり方も変わってきます。最近ではリビング内の一角に和室を設けたり、リビングの延長上に和室を設ける間取りが人気となっています。普段はリビングとの境に設けてある建具を開け放ちオープンにしておくことで、和室をリビングの延長として活用できるのです。このような間取りにすれば、和室を多目的に普段使いできる便利な空間となるのです。

しかしリビングの雰囲気は洋風で、畳のある和室を違和感なく存在させるには和室を小上がりにするのです。高低差を付けることで繋がっている空間でもメリハリを付けることができます。小上がりの和室には他にも魅力があります。畳の下に生まれるデッドスペースを利用して収納スペースを設けることができるのです。リビングと繋がっている和室であるだけに、リビングで必要な物を収納しておくにも最適ですし、和室で使用する座布団などを収納しておくにも最適なのです。

またちょっと腰を下ろす場所としてもこの小上がりの和室が活躍してくれます。腰を下ろしてそのままゴロンと横になりくつろぐこともできます。休憩後も小上がりになっていることで立ち上がりやすく、次の動作がしやすくなるのです。バリアフリーが主流の現代で、段差をつけることは一見邪道のような気もしますが、これが意外と高齢者にとってお居心地のいい空間となるのです。小上がりではない通常の畳に腰を下ろすよりも、小上がりの和室に腰を下ろした方が次の動作がしやすいからです。段差を設けることで魅力が増える小上がりの和室をぜひ設けたいと思います。

スタディコーナー

子ども達が勉強する場所は、家族が身近にいるリビングやダイニングという家庭が多いです。最近ではリビング学習という言葉さえよく耳にします。子ども部屋で一人でこもって勉強するより、家族が近くにいる環境で勉強をした方が子どもの学力も向上すると言われています。分からないとこりや、疑問に思うところを気軽に親に質問でき、スムーズに勉強が進められるからです。また親にとっても子どもが勉強している様子が間近で見守ることができるので安心できるのです。

このようにリビング学習が定着しているのですが、ダイニングテーブルやリビングのローテーブルで勉強をしている子どもも多いです。しかし食事をするダイニングテーブルで勉強をすれば、食事の度に片付けなくてはいけませんし、食事をする場所に消しゴムのカスが散らかっているのも衛生的によくありません。またリビングのローテーブルで勉強をしてもテーブルの高さが合わず視線を悪くしたり、勉強への集中力が欠けてしまうこともあります。

最近ではリビングやダイニング一角にスタディコーナーを設ける間取りも多くなってきました。くつろぐリビングから緩やかに視線をカットしてより勉強に集中できるようにしたり、しかしキッチンからは勉強している子ども達の様子が分かるようにしたりとスタディコーナーを充実させている家庭も多いです。空間にピッタリのカウンターを設けるだけでなく、カウンター上部にはオープン棚を設けて勉強道具を並べられたり、カウンターの下にはランドセルを置けるスペースを確保したり、子ども達二人並んでもゆったり勉強できる広さにしたり工夫を凝らしたスタディコーナーが多いです。ぜひスタディコーナーを設けて子どもが勉強しやすい環境を整えてあげてほしいと思います。

夏は涼しく冬暖かい家

住宅を購入するひとのほとんどが、夏は涼しく冬暖かい家というのを望むことと思います。私が以前住んでいた住宅は夏は西日が熱く、冬は暖房の効きをあまり感じず、窓の結露がひどい家に住んでいました。それだけに新しい住宅に求めたことはまさに夏は涼しく冬暖かく冷暖房の頼らない生活を送りたいということでした。

それを実現させるためには住宅そのものの断熱材や断熱工法も重要なのですが、それと同じくらい大事なのが窓への対策です。夏の冷房使用時、熱の流出割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓は73%です。また冬の暖房使用時は、屋根5%、床7%、換気・外壁15%、そして窓は58%です。この数字を見ても窓への対策が非常に重要になってくることが分かると思います。

そこで我が家の新築住宅で取り入れた窓は、遮熱高断熱Low-E複層ガラスです。この窓にすることで、冬は暖かい熱を外に逃さず、夏は涼しさを保つことから年間の冷暖房費を大幅にカットすることが可能となるのです。家計にとっても環境にとっても優しい住宅となるのです。

冷暖房効率を上げるだけでなく、紫外線もカットしてくれるのです。人間の皮膚の表面に作用して日焼けをしたり、カーテンや家具などの色あせの原因の一つにもなるのです。特殊金属膜なら、紫外線をより多くカットしてくれるのです。まどの断熱性が高まることで、冬場窓の結露で悩まされていたご家庭でも結露を抑制してくれお手入れが格段に楽になるのです。快適な暮らしを手に入れるのであれば、まずは窓への対策をしっかり行いましょう。

夫婦で意見が割れたこと

我が家は注文住宅で家を建てました。家造りには決めなくてはいけないことがたくさんあり、夫婦で意見が割れることも多かったです。その中でも一番結論が出なかったのが、二階にトイレを設けるかどうかということです。我が家の子ども達はまだ小さく二階で過ごす時間がすごく短いため、二階のトイレの使用頻度を考えるとあまり必要ないなと感じていました。またコストもお手入れも二倍になることに抵抗も感じていました。

しかし主人は、自分達が高齢になった時のことを考えると、二階にもトイレがあった方が便利だ!と言い張るのです。最初は、二階にトイレのスペースを確保し、排水管工事までしておき必要性を感じた時にはすぐに取りつけられるようにしておき、それまでは二階の物置として活用させるという方向で話を進めていました。しかし友人達からのアドバイスもあり最終的には二階にもトイレを設けることになったのです。結果、二階にトイレを設けて良かったと思っています。

一階のトイレを使用時には二階で用を足すことができますし、お客様が来ている時には、二階でゆっくりと気にせずトイレを使用してもうらうこともできます。また二階で過ごす時間が増えることでトイレの使用頻度も増していきますので、コストとお手入れの手間は増えますがかなり満足しています。一生に一度の家造りとなるとついつい良い物を!と設備やいい素材を使用したくなるものです。また便利さを優先してしまいがちです。夫婦で意見が分かれることで話し合いの機会も増え、よりよい家が完成していくと思うので、意見の分かれはいい家を建てるには不可欠なものと考え前向きに家造りを楽しんでほしいと思います。

和室への動線

和室をどこに設けるかというのが、間取りを決める時に頭を悩ますという人が意外と多いです。間取りをどのように活用させるかで和室の配置も変わってきます。和室への動線を重視した家にすることで和室をより便利な空間として活用させることができると思います。

最近主流のスタイルがリビングの一角やリビングと隣合わせで和室を設ける間取りです。このようにすることで、リビングをより広々と開放感のある空間にすることができます。そしてリビングの延長として和室を活用できるので、子どもが遊ぶスペースとしても子どもが昼寝をするスペースとしても活用しやすいです。キッチンから和室までも見渡せるようにしたスタイルが多いだけに、キッチンで家事を行うママが子育てのしやすい家にもなります。

しかし和室を独立した客間として活用したい場合も時にはあります。LDKと繋がった和室では、家族がいつも過ごすリビングを必ず通らなければ和室へは行けません。リビングをあまり見せたくないお客様をお通しするにはこの間取りは不便です。そこでリビングと隣り合わせの和室でありながら、リビングと和室の境を扉で仕切り、玄関からも直接和室へ行き来できる動線を確保することで、普段はリビングの延長として使用する和室が、独立した和室のようにも活用できるのです。これなら家族団らんの場のリビングを見られることなく、客間へと案内できます。

和室をより多目的に使用するにはこのような動線を確保しておくと便利さを増すことでしょう。和室をどのように活用させたいかをしっかりと考慮し配置を決めるといいのです。

土地を手に入れる

一戸建てを取得する方法は、3種類あります。
1.まず土地を取得して、そこに家を建てる
2.建売住宅を購入する
3.中古住宅を購入する
1は、間取りや設備の選択が自由にできるのが一番の特徴です。また、家を作る過程に加われるので、家作りの流れが理解でき、少し時間がかかりますが、納得できる家になる可能性が高くなります。予算的には少し割高になる傾向があります。
注意することは、土地が建築条件付になっているかどうかです。建築条件付の土地は多くの場合、土地の売主に建物の工事も依頼しなければならず、工法やプランに制約が出ることが多いです。間取りなどに要望を持っている場合は、建築条件でない土地を探すほうが良いでしょう。

2は、デザインや間取りは自由に選ぶことができませんが、購入したらすぐに入居できます。
3は、現状での取引が原則で、建物が築10年を超えると、ほとんどが土地代のみの価値になります。リフォームや建て替えの可能性も考えると良いでしょう。

土地を取得するために現地を見に行くときのポイントです。
通勤や通学を考えて、電車で見に行くのが基本です。駅に着いたら、駅前の掲示板などで、文化施設やイベントの案内から、その地域の雰囲気を読み取りましょう。朝・夕・昼間の電車の本数もチェックしておきます。バスを利用する場合は、渋滞状況を自分の目で確かめます。現地では、まず方角を確かめ、法規上制限がある道路の広さも見ておきましょう。違う時間帯や出来れば違う季節の様子も見ておきたいところです。建物は建築中に修正も出来ますが、土地は決めてしまったら変えられません。家をつくる過程で、一番時間をかけてよいところだと思います。

中二階スペース

我が家は新築住宅を建てることを決め、モデルハウス見学や完成住宅会に参加してきました。数多くの住宅を見学してきて、ぜひ我が家にも取り入れたいと思う空間があります。それは階段途中に設けた中二階スペースです。吹き抜けに面して設けられた中二階スペースは、下を覗けば一階のLDKが一望できます。

ここにはカウンターデスクを備え付け、子どもがお絵かきをしたり、将来的にはスタディコーナーとして活用させるのにも最適です。遊んでいる様子や勉強をしている様子を、キッチンで家事をしながらきちんと目に届くので安心できます。
また子どもだけが使用するスペースとしてしまうのではなく、旦那さんの書斎ルームとして、私の趣味のネットショッピングを誰にも邪魔されることなく楽しめるパソコンスペースとしてなど多目的に使用できます。誰がこのスペースを使っても下を覗けば互いの存在を確認し合えるので会話もしやすいですし、バラバラの空間で過ごしていても家族の繋がりを感じられるのです。

また二階で過ごす家族の気配も身近に感じることができます。一階と二階を繋ぐバイパス的な存在にもなってくれるのです。このように多目的に使用できるスペースがあることで、住宅への満足度も高めることができます。またこのスペースを多目的に使用できるように、照明器具の設置やコンセントの設置は忘れないようにしておく必要があるのです。空間を上手に活用した中二階は我が家の中心的な空間になりそうです。