子供部屋はおもちゃや本を床いっぱいに広げて、そのままになり、本を読んだり、お絵描きしたりするスペースが無くなる事がしばしばです。そんな場合は、汎用性のあるボックス家具を利用して、おもちゃや本も収納できる簡易デスクを手作りしてみましょう。二人分並べても圧迫感がない、オープン収納デスクです。

少し高くつきますが、子どもが体重を乗せても安心なしっかりとした天板を選びましょう。天板の端は角がそのままだとケガの心配がありますので、滑らかに角を取った加工をされたもの選びます。2人用なら、ボックスは天板の両端に1つずつと、真ん中2つ置き、1人2個のボックスを使います。木製ボックスも、しっかりしたものを選べば、将来子供が独立した部屋を持ったときにも、利用できます。

ボックスの中には、ファイルボックスやブックスタンドを利用して絵本などを収納し、ファイルボックスには、人形やおもちゃ入れとして利用する以外な使い方もあります。ファイルボックスは様々な収納場面で利用できるアイテムなので、小さいときから親しんでおくと良いでしょう。

ボックスの間の空間には、天板奥にフックを接着し、布バッグなどを吊り下げるコーナーとして利用します。ヒモを通して、洗濯バサミでお絵かきした作品など、好きなものをはさんでおいても良いでしょう。

正しい姿勢を保つ基準は、天板と椅子の座面の高さの距離で調節します。理想サイズは25~30cmです。ボックスの高さと天板の厚みでデスクの高さが決まった後で椅子を置くときは、高さが調節できる椅子を使い、椅子の座高面で調節します。