子ども部屋は子どもの成長過程によって空間に求められるあり方が変わってきます。この子どもの成長に合わせて、ピッタリの子ども部屋になるようにアレンジできる空間造りをしてみてはいかがでしょうか。

我が家の子ども達はまだ小さく、それぞれに個室を設けても個室として使い始めるまで10年くらい先になることでしょう。それまでただの荷物置きになってしまうのでは意味がないので、広々ワンルームの子ども部屋を設けました。個室を必要としない間はワンルームとして利用します。現在は、走り回ってのびのびと遊べる子ども部屋となっています。小学生頃になると、共に勉強して、共に寝るスペースとして利用します。中学・高校生頃になるとそれぞれの個室を必要とし始めます。そのときは、可動間仕切り収納を用いてこのワンルームを二つの個室に区切るのです。

将来的に二つの部屋になることを想定して、出入りするドアや窓、照明やコンセントなど予め二部屋分設けておくのです。そうすれば大掛かりなリフォームをすることなく、可動間仕切り収納で簡単に空間を二つに分けることができるのです。この可動間仕切り収納を上手に利用すれば、空間を半分だけ区切って、個室になる前の準備期間を設けることもできます。

女性が一人で移動させることもできますし、空間に合わせて1ミリ単位でオーダーメイドできるので住まいにピッタリの可動間仕切り収納を設けられるのです。子ども達が成長するといずれ子ども部屋は必要なくなります。その時は、可動間仕切り収納を移動させ、またワンルームに戻してセカンドリビングとして利用させることもできます。子ども部屋をいつの時も最大限に活用できるようにしたいものです。