それまで住み慣れた住宅を離れるのは感慨深いものがあるとおもいます。

しかし、住宅を手放すと言うことはそれまで家庭のため、家族のためにと頑張って支払続けた住宅ローンが軽減したり完済するきっかけともなるものです。

ここで、気をつけなければいけない点が一つあります。

現存している住宅ローンを完済するほどの金額で売れればいいな・・・と思っている方は要注意です。

一度、手放そうとしている住宅を購入したときのことを思い出してください。

購入した土地と建物、家財だけではありませんでしたよね。

自らが売り手を捜して、穏便に問題なく住宅を売買しようと考えている方はまずいないでしょう。

ものを売る、それを買う人が居るという時点で、売買契約を成立させると言うことになります。

それも、金額にして決して安いものではありません。

売買契約を締結するときには契約書を作成しますよね。この契約書には金額に応じて収入印紙を貼らねばなりません。

そして、今住宅ローンを返済中の方については、住んでいる土地建物には金融機関の抵当権がついています。

この抵当権を抹消したり、住所を変更したりする手続としておおむね司法書士さんへお願いすることになると思いますが、その際も登記代、代行手数料などと費用がかかります。

また、仮に自分がもらい受けた住宅であったとしても、相続登記を終えていなければその分費用がかかるのです。

あと、忘れがちなのが自分たちが退去する際の引っ越し費用や、ゴミが多ければその撤去料もかかります。

見えないところで現金が多く掛かるのは新居を購入したときとおなじです。

この点見落としがちですが、気をつけておきましょう。