希望の間取りを実現させるには平屋住宅の場合、ある程度の土地の広さが求められるのですが、近頃では平屋住宅を希望する人が増えていると言います。平屋住宅の魅力は、階段がないことです。階段がないことで得られる魅力がたくさんあるのです。

まず、安全性の確保です。住宅内の事故で多いのが階段での転倒や落下事故です。階段のない平屋住宅は、これらの事故の恐れのない安全な住まいと言えるのです。また、階段がないことで部屋から部屋への移動の際に動線が短くなります。動線上に階段を挟むことで動線が長くなるだけでなく、階段の上り下りが体にかける負担が大きくなるのです。掃除の際も掃除機を抱えて階段の上り下りをする手間もかからずスムーズにお掃除が行えるのです。

階段を設けることで階段の下にはデッドスペースが生まれてしまいます。このデッドスペースを上手に活用しないと住宅への不満となってでてくるものです。しかし、階段の無い平屋住宅は、デッドスペースを生むことなく、空間を最大限に有効活用させることができるのです。

階段がないのでその分間取りをコンパクトにすることもできますし、収納を増やすこともできるのです。平屋住宅は、家族が別々の空間で過ごしていても身近に家族の気配を感じやすく、家族の繋がりを実感できますし、ワンフロアなので家で孤立する場所もなく自然と家族がリビングへ集まってきやすくなります。家族のコミュニケーションを大事にできますし、自然とコミュケーションも増えるのです。小さい子どものいる家庭では、子どもの様子が把握しやすいので親は安心できるのです。

高さが低いため、2階建てに比べて構造的に強く、台風や地震時にも危険が少なくなるという安心感もあります。平屋住宅の人気が改めて高まっているのも理解できますね。