洗面・脱衣室は物が多く集まってくるので散らかりがちです。毎日気持ちよく使えるように、収納計画をしっかり立てましょう。

まず、洗面・脱衣室に置くものをリストアップしましょう。タオル類、化粧品・ヘアケア用品、家族の下着・パジャマ、洗濯関連用品・洗剤、バケツ・お風呂ブーツ、着替え置き場、使ったタオル掛け、体重計などがあります。物を把握した上で、洗面・脱衣室の広さや収納の大きさを決めていきます。

これ等リストアップした物を1.25坪(2150×1800mm)のスペースに収納してみます。中央に入り口があり、左側に浴室への扉が有るとします。4つの収納スペースをとります。

洗面台の下には洗面・脱衣室で使うもののストックを入れます。洗面台の鏡の中には洗面用具、化粧品、ヘアケア用品を入れます。

洗濯機と洗面台の間には幅450、奥行き550~600mmの収納に、上からバケツ、ハンガーパイプにハンガー、ピンチハンガー、洗濯ネットなどを掛け、使用中の洗剤や洗濯バサミを入れたカゴ、一番下には扉を閉めて洗濯物を入れます。

入り口の左右にも収納を設けます。お風呂の入り口側の幅800、奥行き300m、高さ2400mmの収納には、上からタオルのストック、可動棚にバスタオル・ハンドタオル・フェイスタオル、入浴時の着替え置き場、タオル掛け用ハンガー3本くらいを設置します。

洗面台の後ろの壁の幅600、奥行き450、高さ2400mmの収納に大人と子供のパジャマや下着を棚や引き出しに分けて入れ、一番下に体重計を入れます。

子どもが大きくなれば洗面・脱衣室にはさらに物が増えてきます。多少のゆとりを持った計画を立てましょう。