趣味を自宅で楽しめれば家にいる時間がより充実したものになるのではないでしょうか。私の友人宅には旦那さんの趣味である魚釣り部屋というのを設けていました。自宅にいる時も趣味と隣り合わせの時間が欲しいという旦那さんの強い希望で設けられたそうです。釣り竿を専用の収納アイテムを活用し、きれいに並べて見せる収納を取り入れていました。その他の釣り道具もあえて見せる収納で趣味用品を眺めて楽しめる空間にしていたのです。

また別の友人宅では二階ホールを活用し読書ルームを設けていました。夫婦共通の趣味である読書を満喫できる空間です。ホール部分の壁厚を利用して、本棚としてのニッチを設けていました。たくさんある本をきちんと整理できるスペースとなっていました。そこには造り付けのカウンターデスクが設けられていました。ゆっくりと読書を楽しむこともできますし、旦那さんが持ち帰りの仕事ができる書斎ルームとしても活用できるのです。

夫婦共通の趣味だけでなく、子どもも一緒に絵本を楽しめ、家族みんなで趣味の時間を楽しめる空間が広がっていました。天井にまで広がる本棚で、大容量に本を収納でき、きちんと片づけられるので空間を有効に活用できます。このように自宅に居ながら趣味の時間を楽しめる空間があると暮らしが豊かになります。マイホームは最高の居心地が得られるようにこのような特別な空間があるといいなと改めて感じました。