住宅購入は人生最大の買い物です。誰もが後悔や失敗をしたくないものです。家造りを成功させるには依頼する業者が大きなポイントとなってきます。この業者選びを重要視した方がいいのです。希望に合った、または希望以上の家が出来上がるかどうかは最適なパートナーに出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではないのです。

しかし、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。その中から一社選び出すというのは容易なことではありません。まずは大手ハウスメーカーと工務店の特徴を知り、どちらが自分達に合っているかを見極めることから始めてみるのもいいと思います。

大手ハウスメーカーの特徴は、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。カタログやモデルハウスなどから家造りのイメージを沸かせるための材料が豊富にそろうのです。営業・設計・施工など各部門の人材はそれぞれに教育されているのでしっかりとしているという印象を抱く人が多いのです。デザインや提案力に優れていると感じることも多いでしょう。しかしその反面、自社商品のみしか売ってくれなかったり、商品の規格化のため、自由にならない部分があるのです。また、広告宣伝費やモデルハウス維持管理費など様々な経費が建築費に上乗せされてしまうので、価格がどうしても高めになってしまうのです。

地元に密着した工務店は、地域での評判を大切にするため、施工はもちろん引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視しています。契約を行う会社と施工者が同一のため、責任の所在がはっきりしているのも安心できます。しかし世間一般的に会社規模が小さいため不安視されることが多いです。洗練されたデザインや提案力に掛けていると感じる人も多いです。まずはどちらが自分達に適しているのかを考えてみて下さい。