暮らしに合わせてあかりを選べることで、空間の居心地を高めてくれます。特にリビングは家族が長時間共に様々なことをして過ごします。それぞれの目的に合ったあかりが広がったり、その時の気分に合わせたあかるさが空間を照らすことでより過ごしやすくなるのです。

例えば、一日の始まりはすがすがしくスタートさせたいものです。人が心地よさを感じるのが快晴の青空です。そこで白~青っぽい光色で空間を照らすことですがすがしく、爽やかな気分になるので、朝の目覚めの時やリフレッシュしたい時に適しています。逆に夜は家族みんなが集うため、より落ち着いてリラックスできる空間が求められます。そこで赤みがかった光色で空間を照らすことで夕暮れ空をイメージしたより落ち着いた雰囲気が広がるのです。くつろぎ感が高まるので家族や友人とリラックスしたいときには適しているでしょう。

リビングでは勉強や読書もすることでしょう。この場合は、白~青っぽい光色で明るさの度合いを高めます。そうすることで文字がくっきりして読みやすさが増し、勉強も読書もしやすく、視力を悪くするのも避けられます。我々夫婦の趣味はDVD鑑賞です。リビングが映画館のような臨場感あふれる空間となるようにも配慮しました。テレビ背面の壁を間接光で照らし、テレビとの明るさの差を小さくしたのです。目が疲れにくくなるようにしながら、画面に集中できるように全体の明るさを抑えて、映画館のような空間を演出できるようにしました。

光色や明るさを度合いをリモコン一つで操作できる照明を設けておくことで、気分や目的に合わせ最適なあかるさが広がるので過ごしやすい空間となるのです。あかりにも注目したリビングつくりをしてみるのもいいと思います。