女性にとってキッチンは住宅の中で大変重要な空間です。家事の中心的場所であるため、一日の大半をここで過ごすという主婦も多いのです。住宅が多様化する中、キッチンスタイルも多様化しています。自分に合ったキッチンを取り入れ、家事を効率よく行い、居心地のいい空間を目指したいものです。

最近では、間仕切りなどで閉じられたキッチンではなく、リビングと一体化したオープンキッチンが増えています。オープンなキッチンにすることで誰でも作業が手伝いやすく、キッチンを通してのコミュニケーションが生まれやすくなるのです。オープンキッチンと言っても形は様々で、I型と呼ばれるタイプのキッチンをリビングに向かって配置する対面型タイプや、部屋の中央に島のようにキッチンを配置するアイランド型など色々な形があります。キッチンスペースの広さにも合わせてキッチンスタイルを選ぶ必要があるのです。

今までは壁付けキッチンが多く、リビングに背中を向けていたのが、最近では家族と向き合う形になり、家事をしながら家族の顔を見てコミュニケーションを取ることができたり、大好きなテレビ番組を見ながら家事ができたり、子どもの様子を確認しながら家事と育児の両立のしやすさを高められるようになっているのです。

オープンキッチンのデメリットである、調理する時のにおいや煙、食器を洗う時の水音がうるさいなどの問題もあったのですが、これらの問題を解決したキッチンが増えています。キッチンを選ぶ際にはこのような問題を解決したものを選び、家族との繋がりや家事のしやすさを大事にしたいものです。