主婦にとって家事は休みがなく、高齢になった時でも続くものでもあるだけに、体に負担かかからず、効率よく行える環境を整えておきたいものです。そこで、最近ではキッチン横に洗濯物を洗う・干す・たたむ・着る・しまうという作業を同じ場所でできる便利な空間を設ける家庭が増えています。洗面室と一体化した家事専用スペースを設けることで、家事の効率を高められ、家事の時短に繋がるのです。手間だった家事への負担を大幅に軽減し、なかなか確保できない自分の時間を得ることができたり、家族との時間をより楽しめる家になるのです。

多くの主婦が洗濯物をたたむ・しまうという作業が面倒と感じることと思います。それは、たたんだ洗濯物を仕分けて、各クローゼットにしまわなければならずたたむ→しまうという作業が一気に片づけないことが挙げられます。この家事への不満を解消するためにもこのスペースは最適です。家族の衣類をここ一か所で管理しておきます。洗濯物をたたんだり、アイロンがけをする作業カウンターを設けておき、ここで洗濯物をたたんだりアイロンがけを行い同スペースに設けれているクローゼットにしまします。たたむ→しまうという作業が一気に行えるので家事への不満が解消されるだけでなく、家事効率も高まるのです。

ここの天井には室内干しを設けておけば、天候に左右されることなく衣類を干すことができますし、夜の洗濯を行っても干し場に困りません。キッチンとの動線も短いため家事動線がコンパクトになり、家事を行う上で無駄な動きがなくます。家事ラク住まいを手に入れ、自分の時間を大切にできる住まいを目指しましょう。