我が家はリビングの延長上にウッドデッキを設けています。ウッドデッキがあることでリビングの延長としてこの空間を楽しんだり、庭でバーベキューをする際にもこのウッドデッキが活躍しています。このウッドデッキをより充実した空間にするべく、囲いを設けました。天候や気候に合わせてこの囲いをフルオープンにしたり、全て囲いを閉じたり、セミオープンにしたり空間を自由にアレンジすることができます。

囲いの窓を全て閉めたとしても外の景観や明るさをしっかり得られることで開放感たっぷりの空間が広がるのです。ここで過ごす時間は自然と隣り合わせの時間を過ごすことができます。より身近に庭の景観を楽しむことができ、太陽の日差しをたっぷり浴びたり、小鳥のさえずりを聞いたり、心地よい風を感じたりできるサンルームは自然の魅力をたっぷり感じられるのです。

ここにテーブルやイスを置き、お茶をしたり、読書をしたり、パソコンをしたり自分の時間を楽しむのもいいですし、ペットを過ごす場所としたり、子どもが遊ぶスペースとして利用するのもいいでしょう。ここに洗濯物干し場も完備しました。天候に左右されることなく洗濯物を干せるので重宝しています。天気のいい日には囲いをフルオープンにして、雨や雪など悪天候時でも囲いを全て閉めることでここに洗濯物を干すことができます。花粉や大気汚染が多く飛来する時など、屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じる時は、囲いを自由に調整して花粉や大気汚染を付きにくくすることも可能です。多目的に使用できるサンルームがあることで暮らしが豊かになるのです。