家造りの際に子ども部屋を一番に重視するという家庭は意外と少ないです。子どもにとって子ども部屋は住宅内で一番重要な空間なのかもしれません。しかし親目線で考えると、子ども部屋の快適性を高めることで子どもは、自分の部屋にばかりこもりリビングに顔を出さなくなることが心配です。

そこで我が家は適度な快適性を保てる子ども部屋という視点で空間造りをしました。子ども達がまだ小さいのでそれぞれの個室を設けるのではなく、広々ワンルームの子ども部屋にしました。そうすればおもちゃも共有して仲良く遊べる子ども部屋が広がります。お友達が遊びに来てのびのびと遊べる空間があると便利です。学習机を並べて、共に勉強し、共に寝る子ども部屋は子ども達が共に成長するいい空間となることでしょう。

子ども部屋には勾配天井を採用しました。天井が高いことでより広々と開放感を感じられます。将来的には二つの個室に区切ります。個室にした時は一部屋5帖づつの広さです。必要最低限の広さです。個室になった時でも勾配天井にしていることで狭さや圧迫感を感じにくくしました。

そしてこの勾配天井を活かしてロフト収納を設けました。子どもが成長すると共に物も増えていきます。物が増えていくのに、空間は狭くなるのでこのままでは子ども部屋の快適性は得られません。そこでロフト収納に増えていく物をきちんと管理できるように収納スペースを確保したのです。我が家はこのように子どもの成長と共に空間をアレンジできることで子ども部屋の適度な快適性を保つことができるのではないかと思っています。