最近では和室が一室もないという家も珍しくありません。また和室を設ける場合にはどこに配置するかで和室のあり方も変わってきます。最近ではリビング内の一角に和室を設けたり、リビングの延長上に和室を設ける間取りが人気となっています。普段はリビングとの境に設けてある建具を開け放ちオープンにしておくことで、和室をリビングの延長として活用できるのです。このような間取りにすれば、和室を多目的に普段使いできる便利な空間となるのです。

しかしリビングの雰囲気は洋風で、畳のある和室を違和感なく存在させるには和室を小上がりにするのです。高低差を付けることで繋がっている空間でもメリハリを付けることができます。小上がりの和室には他にも魅力があります。畳の下に生まれるデッドスペースを利用して収納スペースを設けることができるのです。リビングと繋がっている和室であるだけに、リビングで必要な物を収納しておくにも最適ですし、和室で使用する座布団などを収納しておくにも最適なのです。

またちょっと腰を下ろす場所としてもこの小上がりの和室が活躍してくれます。腰を下ろしてそのままゴロンと横になりくつろぐこともできます。休憩後も小上がりになっていることで立ち上がりやすく、次の動作がしやすくなるのです。バリアフリーが主流の現代で、段差をつけることは一見邪道のような気もしますが、これが意外と高齢者にとってお居心地のいい空間となるのです。小上がりではない通常の畳に腰を下ろすよりも、小上がりの和室に腰を下ろした方が次の動作がしやすいからです。段差を設けることで魅力が増える小上がりの和室をぜひ設けたいと思います。