子ども達が勉強する場所は、家族が身近にいるリビングやダイニングという家庭が多いです。最近ではリビング学習という言葉さえよく耳にします。子ども部屋で一人でこもって勉強するより、家族が近くにいる環境で勉強をした方が子どもの学力も向上すると言われています。分からないとこりや、疑問に思うところを気軽に親に質問でき、スムーズに勉強が進められるからです。また親にとっても子どもが勉強している様子が間近で見守ることができるので安心できるのです。

このようにリビング学習が定着しているのですが、ダイニングテーブルやリビングのローテーブルで勉強をしている子どもも多いです。しかし食事をするダイニングテーブルで勉強をすれば、食事の度に片付けなくてはいけませんし、食事をする場所に消しゴムのカスが散らかっているのも衛生的によくありません。またリビングのローテーブルで勉強をしてもテーブルの高さが合わず視線を悪くしたり、勉強への集中力が欠けてしまうこともあります。

最近ではリビングやダイニング一角にスタディコーナーを設ける間取りも多くなってきました。くつろぐリビングから緩やかに視線をカットしてより勉強に集中できるようにしたり、しかしキッチンからは勉強している子ども達の様子が分かるようにしたりとスタディコーナーを充実させている家庭も多いです。空間にピッタリのカウンターを設けるだけでなく、カウンター上部にはオープン棚を設けて勉強道具を並べられたり、カウンターの下にはランドセルを置けるスペースを確保したり、子ども達二人並んでもゆったり勉強できる広さにしたり工夫を凝らしたスタディコーナーが多いです。ぜひスタディコーナーを設けて子どもが勉強しやすい環境を整えてあげてほしいと思います。