住宅を購入するひとのほとんどが、夏は涼しく冬暖かい家というのを望むことと思います。私が以前住んでいた住宅は夏は西日が熱く、冬は暖房の効きをあまり感じず、窓の結露がひどい家に住んでいました。それだけに新しい住宅に求めたことはまさに夏は涼しく冬暖かく冷暖房の頼らない生活を送りたいということでした。

それを実現させるためには住宅そのものの断熱材や断熱工法も重要なのですが、それと同じくらい大事なのが窓への対策です。夏の冷房使用時、熱の流出割合は、床3%、換気6%、外壁7%、屋根11%、窓は73%です。また冬の暖房使用時は、屋根5%、床7%、換気・外壁15%、そして窓は58%です。この数字を見ても窓への対策が非常に重要になってくることが分かると思います。

そこで我が家の新築住宅で取り入れた窓は、遮熱高断熱Low-E複層ガラスです。この窓にすることで、冬は暖かい熱を外に逃さず、夏は涼しさを保つことから年間の冷暖房費を大幅にカットすることが可能となるのです。家計にとっても環境にとっても優しい住宅となるのです。

冷暖房効率を上げるだけでなく、紫外線もカットしてくれるのです。人間の皮膚の表面に作用して日焼けをしたり、カーテンや家具などの色あせの原因の一つにもなるのです。特殊金属膜なら、紫外線をより多くカットしてくれるのです。まどの断熱性が高まることで、冬場窓の結露で悩まされていたご家庭でも結露を抑制してくれお手入れが格段に楽になるのです。快適な暮らしを手に入れるのであれば、まずは窓への対策をしっかり行いましょう。