我が家は注文住宅で家を建てました。家造りには決めなくてはいけないことがたくさんあり、夫婦で意見が割れることも多かったです。その中でも一番結論が出なかったのが、二階にトイレを設けるかどうかということです。我が家の子ども達はまだ小さく二階で過ごす時間がすごく短いため、二階のトイレの使用頻度を考えるとあまり必要ないなと感じていました。またコストもお手入れも二倍になることに抵抗も感じていました。

しかし主人は、自分達が高齢になった時のことを考えると、二階にもトイレがあった方が便利だ!と言い張るのです。最初は、二階にトイレのスペースを確保し、排水管工事までしておき必要性を感じた時にはすぐに取りつけられるようにしておき、それまでは二階の物置として活用させるという方向で話を進めていました。しかし友人達からのアドバイスもあり最終的には二階にもトイレを設けることになったのです。結果、二階にトイレを設けて良かったと思っています。

一階のトイレを使用時には二階で用を足すことができますし、お客様が来ている時には、二階でゆっくりと気にせずトイレを使用してもうらうこともできます。また二階で過ごす時間が増えることでトイレの使用頻度も増していきますので、コストとお手入れの手間は増えますがかなり満足しています。一生に一度の家造りとなるとついつい良い物を!と設備やいい素材を使用したくなるものです。また便利さを優先してしまいがちです。夫婦で意見が分かれることで話し合いの機会も増え、よりよい家が完成していくと思うので、意見の分かれはいい家を建てるには不可欠なものと考え前向きに家造りを楽しんでほしいと思います。