住宅の不満の大部分は収納と言われていました。この不満を解消するために適材適所に余裕のある広さの収納スペースを確保する人が増えてきて、収納への不満は数を少なくしてきています。
そして現在住宅への不満の多くはコンセントと言われています。生活をしはじめるとここにもコンセントが欲しい!やコンセントの位置が高い方が良かったなど不満が多いと聞きます。

実際に私の周りには新築住宅を建てた友人が多いのですが、住宅へのアドバイスで一番多いのがコンセントの位置と数です。コンセントをたくさん設けていても無駄だったねという風にはならないと言います。それよりも便利で暮らしやすい家にすることができるのです。

コンセントを設置する場合には家事動線や生活動線を考えながら設置をすると思います。例えば掃除機をかける時、コンセントを変えることなく一階スペース全て掃除機をかけられれば家事効率も高まります。各スペースで何度もコンセントを変えると面倒くさいと感じてしまうと思います。またこの掃除機においても充電式のものであれば収納スペース内にコンセントを設けておくと、しまった状態で充電もできるので便利です。

またダイニングには床に近い下部分にコンセントがあるよりも、テーブルの高さより上にあるとホットプレートを使用する時などに便利です。また携帯の充電をする場所としても高さのあるコンセントがあればテーブルにサッと置いた状態で充電ができるので便利です。

パソコンを使用するスペースやスタディコーナー部分も下の位置のコンセントよりも高い位置のコンセントの方が便利さが高まると思います。暮らしをイメージしながら後悔することのないようにしっかりとコンセントを設けておきたいと思います。