家事には休みがありません。多くの主婦が家事を効率よく行え、家事へ負担を感じることのないような家に住みたいと感じているものです。
主婦の憧れる家事ルームを住宅の間取りに取り入れる家庭も増えてきました。
毎日行う家事へストレスを感じることなく、むしろ楽しみながら行える家にするには家事を集中して行える家事ルームはまさに憧れの空間だと思います。

我が家も現在新築住宅を建てています。
家事ルームという空間を得ることができませんでしたが、家事の動線を意識して間取りを考えることで家事効率のアップにつながり、家事の時短が期待できるのです。
主婦は一日の大半をキッチンで過ごします。
そのキッチンを中心に間取りを考えるのです。
一番多く行き来をするのがキッチンと洗面室です。
キッチンと洗面室への動線をできるだけ短くすることでコンパクトな動きで家事をスムーズに行えるのです。

キッチンの裏に洗面室を設けたり、キッチンの横に洗面室を設けるのもいいでしょう。
動線が短くスムーズに行き来できることで家事の効率も高まります。
そしてキッチンで必要な物はキッチンに、洗面室にあると便利な物はきちんと洗面室にしまえる収納スペースを確保しておくことも大切です。
その場で必要な物が移動することなくサッと出し入れできれば家事の効率も高まります。

そして毎日行う家事の一つに洗濯があります。
洗濯物干し場所は屋外用はもちろんのこと、室内用もきちんと完備しておくと家事への負担も軽減されます。梅雨時期や屋外に洗濯物を干せないという時は意外と多いです。
このような時でもきちんと洗濯物を干せる環境を整えておくことで家事へのストレスも緩和されスムーズに家事が行えます。

家事のしやすさを重視した家はまさに主婦が求める家だと思います。