住宅を建てるにあたって重要なのが業者選びです。
自分が理想とする家を実現してくれるかどうかはこの業者選びにかかっています。
我が家も新築住宅を建てることを決め、大手ハウスメーカーのモデルハウス見学に行ったり、営業マンの人と話をしました。

大手ハウスメーカーだけでなく、地元の工務店にも足を運び完成住宅会に参加して建築家の人とも話をさせてもらいました。家を建てる業者は数多くその中で一社だけを選ぶというのは簡単そうで非常に難しいのです。

我が家も考えに考えて地元の工務店に依頼しました。
決め手となったのはお客様目線ということと、素材にこだわって家造りをするということでした。大手ハウスメーカーもモデルハウスにカタログ、サンプルなど数多く取り揃えられており、住宅のイメージを大変しやすかったです。
魅力的に感じる部分は多かったのですが利益第一に考えている姿勢が我々夫婦には受け入れられませんでした。その後の電話やダイレクトメールなど必要以上に勧誘もあり、気持ちのいいものではありませんでした。

地元の工務店の人は我々目線で住宅についての説明をしてくれ、また自社製品の良さを説明してくれました。どのような住宅を理想とするのか真剣に耳を傾けてくれ親身になってくれたことが決めてとなった大きな理由です。
そして素材にこだわった家造りは永期に渡り住み続けることができ、安心で健康に暮らせる家になるのです。
まだ小さい子どものいる我が家にとって安心して健康で暮らせる家と言うのは非常に大事なことだと感じました。

この業者選びを失敗すると後悔することも増えてくるでしょう。しっかり見極め自分達に合った業者を選びたいものです。