一戸建てを建てたら家づくりはおしまい!・・・・という方が非常に多いのですが、ある意味家づくりは完成してからが新たな始まりと言えます。「いかに理想的な状態で住宅を長く快適に維持する事が出来るか」が完成してからの新たな目標でもあるからです。
完成後、最初のメンテナンスは10年目に行う事が一般的ですが、今回は床下点検についてご紹介します。

床下点検の目的は白アリなどの被害が無いかどうかの確認、そして構造や土台の木部の状態を確認するものです。住宅の基礎である土台部分は本来5年ごとに定期点検をするのがオススメです。実は新築住宅に使われている基礎部分の建材のほとんどは白アリなどに対応した防除処理を行っているものが採用されているのですが、こうした建材に使われる薬剤の効果が5年程度と言われているのでこのタイミングできちんと点検やメンテナンスを行うのがベスト。とはいえ、実際には築5年程度ではまだまだ新築同様ということで積極的に床下点検などを行う方が少ないのです。

このような状況もふまえ、白アリの被害に遭わないためには、基礎工法や使われる建材の木材などを工夫して施工する方法が一般的です。先に紹介した薬剤を使用した建材以外にも工法で白アリの侵入を遮るベタ基礎、と呼ばれるタイプの基礎もあります。これは鉄骨を使用しコンクリートを白アリの侵入をブロックするものとして人気があります。またヒバ、ヒノキなどもともと植物本来が白アリに強いという自然建材を活用する人も増えているようです。新築段階でどんなタイプの建材や工法を選ぶか、によってその後のメンテナンス方法も大きく変わってきます。是非、設計段階からメンテナンスにも着目してみてくださいね。