二世帯住宅の形には、敷地内に別棟で建て、外壁の一部や通路でつないだ別棟型、独立した玄関を設け、真ん中の壁が共用になる横隣接型、上階と下階に別れ、玄関は共用または独立する上下隣接型、横隣接型と上下隣接型を複合した複合型があります。

また、共有部分がない、共同住宅のようなもので、独立性が高く、将来賃貸にすることもできるもの、孫と遊ぶプレイルームなど、共有する部屋を設けて、親子のクッションの役割を持たせるもの、もっとも多い玄関・ホールを共有するもの、応接室・和室・茶室などプラスαの部屋で親子のコミュニケーションを図るもの、浴室・脱衣所を共有するものなどがあります。水周りの共有は、コストがかかりませんが、時間的なズレやプライバシーの問題、リフォームしにくいなど、慎重に検討すべきです。

一つの玄関には、寝室などプライベート空間以外を共有する融合型、ファミリー空間は共有し、どちらかにトイレやミニキッチンを作る半融合型、玄関ホールだけ共有し、生活空間は別にする半独立型があります。また、生活スタイルや交友関係を考慮し、外部とつながる勝手口や縁側などがあると良いでしょう。
二つの玄関には、コミュニケーションゾーンとして共有部分や内階段などで、世帯間の接点を設けましょう。

最後に所有権ですが、二世帯がどのように分担するのかは、将来の相続が生じたときなどに思わない問題を生むことがあります。子供世代に兄弟がいた場合は、弁護士などの専門家に相談し、土地や建物の持分をどうするか、遺言作成など、みんなで話し合っておくことが大切です。
最悪の場合、不動産を手放すことになりかねません。