大分で賃貸業をしているAさんのところへ先輩のBさんが遊びに来ておりますがなんでも建築の事で相談があるそうなのですがその相談とは・・・

BさんはAさんより大分年上の先輩ですがBさんの息子はアパート暮らしをしており奥さんと子供もおります。

この子供まぁBさんの孫なのですがこの子がもうすぐ小学生になるのですが入学前に定住したいと考えた息子はBさんと二世帯住宅を建てたいと言って来たそうなのです。

Bさんは考えてみたのですが土地は50坪で建ぺい率40%、容積率80%で床面積は1,2階とも20坪が限界ですがちょっと小さいのでなんとかしたいと言うのです。

地下室も検討しましたが費用も高そうだしそもそも地下は嫌だと言うのです。

Aさんが話し出しました、昔知り合いの建築屋さんから掘り出しものの土地があるから出店しないかという話しがあって建築案まで持って来た事があるそうなのです。

その案とは1階が店舗で2階は賃貸1LDK数軒というものでした、述べ床面積はそれで一杯ですがAさんは倉庫と自分用の住居もほしいと思い2階建ての鉄骨を伸ばしておいて検査後に3階建てにして屋上に倉庫を置くなんて事は出来ますか?と聞いたところ大丈夫だと言われた経験があるのでした。

当然ですが建ぺい率を違反しておりますから勧める訳ではないとは言っていましたがこの方法を建築屋さんに相談してみると乗り気で帰ったBさんでした。 

さて皆さん、建ぺい率というと延焼しないためとか街の美観を保つためとか理由があるのでしょうが美観なんかて自分の土地に対して制限される事に異議があるAさんのようですがどうお考えになりますか?