前回からの続きになりますが活用していない土地があって賃貸住宅を建てて不動産運用を考えた場合についてです。
同じ賃貸住宅を建てるとしてもアパートを建てるのが良いのかそれとも一戸建てを建てるのが良いのかという問題についてです。
一般的に考えても誰もが自分のマイホームを持ちたいという夢があると思います。
しかし住宅ローンを長く組んで毎月返済していくことに対して抵抗がある方は住宅ローンよりも安い賃貸住宅の家賃を払い続けていることだと思います。
もう少し家賃に金額を足せば、住宅ローンの支払額とそう変わらないはずなのですがなかなかそうもならない所がマイホーム取得への厚い壁になっているのだと思います。
しかし建売業者やマンション業者が家賃並みの返済額と謳っていることや自分のものにならない賃貸住宅に対して家賃を払い続けるよりも、
新築を建てたり不動産物件から中古住宅や中古マンション、また戸建て住宅を購入する方が得であるということははっきり言えます。
実際、住宅ローンを組んでみると家賃並みということはめったにないことは注意しなければいけませんが。
マイホーム取得へ思い切って足を踏み込めない方が戸建ての賃貸物件を特に好んでおり、アパートよりも需要が見込めるということです。
しかし実際にはアパート形態の賃貸物件が多いという状態にあります。
私の知り合いも北は札幌の賃貸アパート、南は九州の大分に土地を持っていてアパート形態の賃貸物件で運用していましたが空室が多く、思い切って戸建て賃貸物件を建てた所、あっという間に入居者が決まったとのことでした。
その後も熊本の住宅用地を購入して戸建て賃貸をいくつか建てる計画をしているようです。
また戸建て賃貸に住む方の多くは収入が安定しているとも言われているので安定収入として考えてもアパート物件より戸建物件の方がより有効に不動産の活用ができるのではないでしょうか。