活用していない土地があって賃貸住宅を建てて不動産運用を考えた場合、同じ賃貸でもアパートを建てるのが良いのかそれとも戸建てを建てるのが良いのかという問題があります。
これまでは大手で有名な賃貸住宅会社の営業マンが地主の家を訪問し、アパート経営に関して話をして口説き落としていたような状況でした。
しかし空室対策や家賃保証の問題が浮き彫りになり、地主や経営者の警戒するようにもなり、アパート経営も以前のようにうまくいかなくなていると思います。
同じ建てるなら戸建ての賃貸住宅がこれからはおすすめです。
戸建て賃貸は実は需要が多いのですが供給が少ないため建ててすぐ入居者の確保ができるはずです。
実際にインターネットを使って賃貸物件を探してみると戸建て賃貸の情報はそれほど多くないはずです。
あるアンケートによると駅に近いマンションより少し遠くても戸建て賃貸があるのならばそちらの方が良いという結果もあります。
また土地も有効に利用できます。
土地の形が変形していたり狭かった場合、賃貸アパートを建てようと考えると建物の配置でデッドスペースが発生してしまいますが、戸建て物件の場合は配置に工夫することによってデッドスペースを抑えることができ土地を効率よく活用することが可能なわけです。
また老朽化しても賃貸アパートの場合は新築物件などに負けてしまい空室が多くなっていきますが、
戸建て賃貸はニーズが見込めますし一度入居した方は入居期間が長いのが戸建て賃貸の良さです。