今回は土地や住宅などの物件を売却することについて考えたいと思います。
不動産物件の売却についてはまずは大まかな流れをつかんでみましょう。
まずは不動産会社に売却の相談を持ちかけましょう。
どこの不動産会社に売却話の相談をしたらいいのかということですが、媒介契約という契約をどこ関の不動産会社と結ぶまでは複数の不動産会社に持ちかけても良いのです。
売価相談をしたら次は不動産会社が物件の査定を行います。
査定とは売却を考えている物件の価値、売却予定金額を決まることです。
実際に不動産会社がその物件を現地確認や登記簿などで情報を整理し、周辺環境などを考慮してその物件の価値を決めます。
査定が済んで不動産会社から売却可能な金額を提示されることになります。
不動産会社と売り主側では大きく売却希望金額に差が出ることがあります。
あまり売り主側が高望をすると話にならない場合がありますが、ここで擦り合わせをしていくことになります。
売却の相談・査定を複数の不動産会社に依頼しておくと不動産会社が提示した査定金額が妥当かどうか分かることだと思います。
査定金額と売却希望金額に折り合いが付いたら不動産会社と媒介契約を結びます。
媒介契約にはいくつか種類があるので次回にでも詳しく説明したいと思います。
媒介契約期間は3ヶ月でその間に不動産会社は様々な広告活動を行い、不動産物件への客付けを行います。
媒介契約の種類にもよりますが不動産会社からの広告活動の報告をもらいます。
そして購入希望者が見つかれば売り主に報告して合意すれば契約することになります。
私の友人も不動産会社を通して大分の土地を売却したそうです。
この様な流れで売却が進んでいくので覚えておきましょう。