現在使っていない、また使う予定も今後もない土地の売却についてです。
土地の売却を考えている人などは土地に関しての様々な疑問があると思います。
土地を売却する場合に土地の相場がどれぐらいなのかということが一番気になる所だと思います。
土地の相場というのは流動的で正確な答えはないのかもしれません。
例えば同じエリア内の土地や物件であっても売買価格に差があることは当然です。
また同じエリア内であっても住宅用宅地もあれば、畑や田などの耕作地もあり、その土地の属性によって売買価格は大きく変化します。
よく使われる言葉ではありますが売買の相場を平均で言うことは難しい所なのです。
土地を売りたいと思った場合、まず不動産会社に土地の相談や査定の依頼すると思います。
査定をすることによって土地や物件がいくらなら売却することが可能なのか評価します。
査定で不動産会社が提示する金額は近隣の成約事例などを基にするため、
不動産会社によって査定の仕方や設定が違うので誤差はありますが、
周辺の売買物件や土地と大きな差が出ることはないはずです。
査定では土地の場所や路線価や土地の面積・方角・周辺の生活環境などを算定の基準にします。
中古住宅や中古マンションなどの査定も同様で土地の内容と建物自体の状況や住宅付帯設備などを含めて査定を行います。
滋賀で中古住宅として所有物件を売却しようと考えている叔父さんは、滋賀のリフォーム会社に依頼してリフォーム済み物件として売りに出そうとしています。
リフォーム済みかリフォーム前かでやはり物件の売却価格は大きく変わってきます。
まず売却の相談や査定の依頼をする前に不動産情報誌などで近隣の売買状況を調べておくなどして、
また相談や査定は基本的に無料なので複数の不動産会社に依頼して売却金額がどうなるか確認しましょう。