大手ハウスメーカのテレビコマーシャルや営業マンがいう家賃保証しますという言葉に騙されてはいけません。
地主さんが考える家賃保証と実際に大手ハウスメーカが実行する家賃保証という言葉の実態には相当な差があります。
地主さんから良く聞かれるトラブルは大手ハウスメーカーがいう家賃保証に関する事です。
大手ハウスメーカーが長期にわたり入居状況にかかわらず家賃を保証してくれるというのは、安心感のある話です。
長期一括借り上げや30年家賃保証という言葉を聞いて、一般的に地主さんが想像する保証内容とはのは、
もし将来入居率が低下して家賃収入が下がっていった場合に当初設定された家賃が保証されるといった内容でしょう。
しかし、実際に入居率の悪い賃貸物件は保証されないのです。
入居率の悪いアパートの保証内容は2年毎の更新システムになっているため保証家賃自体が徐々に引き下げられ、当初設定していた家賃収入が確保できなくなってしまう訳です。
家賃収入は減ってしまうが建設に要した費用は払わなければならないというリスクが隠されているのです。
30年家賃保証といわれていますが実際には保証条件に見直しがあります。
全てではありませんがほとんどの30年保証で2年毎に家賃の見直しがあるシステムになっています。
保証内容は10年目から2年毎更新になり、その更新ごとに家賃の見直しが入ることになっています。
新築時は入居が一斉に決まったとしても時がたつにてれ空室が目立ち家賃保証も引き下げられていく、この状況で本当にアパート経営できますか?