それでは土地活用の目的の代表的な物を挙げてみようと思います。

不動産をたくさん持っていて相続対策を考えなければならない場合には相続税がかからない程度まで資産を圧縮することを考えなければなりません。
ここでいう圧縮とは借金などのマイナスの資産を作ることで相対的な資産規模を少なくすることです。
これが相続対策になります。
しかしこの場合、多額の借金を抱えることになるのでその借金を安定的に返済できる土地活用手法を選択しなければなりません。
相続対策で利用される代表的な土地活用法としては、アパートやマンションなどの賃貸物件を運用することです。

次に多くはないが土地を持っていて積極的に活用したい場合にはさまざまな運用の選択できます。
アパートやマンションのオーナーや、その土地の立地がよければ、コインパーキングなどの駐車場やコインランドリーなどにも利用ができると思います。
リスクとリターンのバランスをとりながら土地活用の可能性を追及していく運用の方法です。

所得税や固定資産税などの税金負担を軽くしたい場合など相続対策の必要はそれほどでもないが、
収益が上がりすぎては税金が多く取られてしまう。
また、駐車場は更地の評価をされるので固定資産税が高くついてしまう。
対策をとりたくても借金はあまりしたくないという地主さんも確かに多いようです。
この場合は借地やマンションなどのように多額の借入がない範囲で、原価償却資産を新たに所有することが税金対策につながります。

以上のように、目的が違えば、土地活用の手段は全く違ったものになってくるのである。