よく「3代続けば資産は無くなる」といわれるのを耳にします。
日本の相続財産の内訳は、約7割が土地・建物などの不動産のようです。
しかし地主は現金や株などの金融資産の運用には興味があっても手を出していても、不動産の運用に興味がありまた運用に詳しい方はごく少数のようです。
地主であって不動産の活用をすれば、その後は何もしなくても十分食べていけるらしいのです。
しかし何も活用や対策をしていないままで地主が亡くなって、相続が起こると、国は容赦なく相続税という重い税金を課税します。
そう考えると今のうちに不動産の活用をしておいた方が子のため、孫のためにもいいのではないでしょうか?
何もしなくても、相続が起きれば国にから課税され資産は持っていかれることになります。
しかし有効活用するにしてもなんらかのリスクは必ずあります。
どちらもリスクだと思いますが同じようにリスクがあるのだったら
自然的に国に課税されて持っていかれるよりも、何かしら後の残るように投資して活用のために動いてみませんか?
また土地活用にはさまざまな方法がありますが、土地の活用はあくまで手段にすぎません。土地活用をするとすれば、何のために土地活用をするのか?
またその目的を何なのかを考えたことはありますか?
目的がはっきりしていなければ単に利回りがいいということだけで、特定の手段を選んではいけないのではなかろかと思います。
次回は土地活用の目的と運用法について考えたいと思います。