Archive for the ‘ 税金 ’ Category

土地の立地

土地活用は基本的に今所有している土地を活用することが基本になります。
しかし土地によっていい立地、悪い立地が運用上、立地に左右される事があります。 
アパートやマンション経営を例に考えてみれば、賃貸需要が都市に近い方が多く、都市圏は地方圏よりも得られる賃料が多いため、
かかるコストが同じならば都市に近い立地の方が当然利回りはよくなります。
このように土地はその所在地で収益性やリスクが左右されてしまいます。
土地活用のメリット、デメリットを理解した上で慎重に運用の方法を検討する必要があります。
駐車場経営について土地活用を考えてみます。
月極め駐車場の経営のメリットとは初期投資費用以外必要以上の借金をする必要がない、相続が発生した場合に売却や土地の分割がしやすい、滞納が少ないなどが考えられます。
月極め駐車場の経営のデメリットは土地の固定資産税や所得税の優遇措置が無い、土地が更地の評価となるため、相続税対策にならない事が考えられます。
月極めの駐車場の経営は手軽に始めることができますが税金対策にはならないというデメリットがあります。
固定資産税の支払いの足しにでもなればいいという目的で月極め駐車場として活用する人も多いようです。
仮にこの土地を畑にしていても、市街化区域内にある土地は宅地として評価されてしまいます。土地は何もしなくても税金はかかってしまうのです。
土地の売却を考えるのかそれとも活用を考えるのか。
そこで、納税対策として駐車場経営をする地主さんが多いようです。

土地・資産

よく「3代続けば資産は無くなる」といわれるのを耳にします。
日本の相続財産の内訳は、約7割が土地・建物などの不動産のようです。
しかし地主は現金や株などの金融資産の運用には興味があっても手を出していても、不動産の運用に興味がありまた運用に詳しい方はごく少数のようです。
地主であって不動産の活用をすれば、その後は何もしなくても十分食べていけるらしいのです。
しかし何も活用や対策をしていないままで地主が亡くなって、相続が起こると、国は容赦なく相続税という重い税金を課税します。
そう考えると今のうちに不動産の活用をしておいた方が子のため、孫のためにもいいのではないでしょうか?
何もしなくても、相続が起きれば国にから課税され資産は持っていかれることになります。
しかし有効活用するにしてもなんらかのリスクは必ずあります。
どちらもリスクだと思いますが同じようにリスクがあるのだったら
自然的に国に課税されて持っていかれるよりも、何かしら後の残るように投資して活用のために動いてみませんか?
また土地活用にはさまざまな方法がありますが、土地の活用はあくまで手段にすぎません。土地活用をするとすれば、何のために土地活用をするのか?
またその目的を何なのかを考えたことはありますか?
目的がはっきりしていなければ単に利回りがいいということだけで、特定の手段を選んではいけないのではなかろかと思います。
次回は土地活用の目的と運用法について考えたいと思います。