Archive for the ‘ 売却 ’ Category

中古住宅を売るとき

それまで住み慣れた住宅を離れるのは感慨深いものがあるとおもいます。

しかし、住宅を手放すと言うことはそれまで家庭のため、家族のためにと頑張って支払続けた住宅ローンが軽減したり完済するきっかけともなるものです。

ここで、気をつけなければいけない点が一つあります。

現存している住宅ローンを完済するほどの金額で売れればいいな・・・と思っている方は要注意です。

一度、手放そうとしている住宅を購入したときのことを思い出してください。

購入した土地と建物、家財だけではありませんでしたよね。

自らが売り手を捜して、穏便に問題なく住宅を売買しようと考えている方はまずいないでしょう。

ものを売る、それを買う人が居るという時点で、売買契約を成立させると言うことになります。

それも、金額にして決して安いものではありません。

売買契約を締結するときには契約書を作成しますよね。この契約書には金額に応じて収入印紙を貼らねばなりません。

そして、今住宅ローンを返済中の方については、住んでいる土地建物には金融機関の抵当権がついています。

この抵当権を抹消したり、住所を変更したりする手続としておおむね司法書士さんへお願いすることになると思いますが、その際も登記代、代行手数料などと費用がかかります。

また、仮に自分がもらい受けた住宅であったとしても、相続登記を終えていなければその分費用がかかるのです。

あと、忘れがちなのが自分たちが退去する際の引っ越し費用や、ゴミが多ければその撤去料もかかります。

見えないところで現金が多く掛かるのは新居を購入したときとおなじです。

この点見落としがちですが、気をつけておきましょう。

不動産物件の売却

今回は土地や住宅などの物件を売却することについて考えたいと思います。
不動産物件の売却についてはまずは大まかな流れをつかんでみましょう。
まずは不動産会社に売却の相談を持ちかけましょう。
どこの不動産会社に売却話の相談をしたらいいのかということですが、媒介契約という契約をどこ関の不動産会社と結ぶまでは複数の不動産会社に持ちかけても良いのです。
売価相談をしたら次は不動産会社が物件の査定を行います。
査定とは売却を考えている物件の価値、売却予定金額を決まることです。
実際に不動産会社がその物件を現地確認や登記簿などで情報を整理し、周辺環境などを考慮してその物件の価値を決めます。
査定が済んで不動産会社から売却可能な金額を提示されることになります。
不動産会社と売り主側では大きく売却希望金額に差が出ることがあります。
あまり売り主側が高望をすると話にならない場合がありますが、ここで擦り合わせをしていくことになります。
売却の相談・査定を複数の不動産会社に依頼しておくと不動産会社が提示した査定金額が妥当かどうか分かることだと思います。
査定金額と売却希望金額に折り合いが付いたら不動産会社と媒介契約を結びます。
媒介契約にはいくつか種類があるので次回にでも詳しく説明したいと思います。
媒介契約期間は3ヶ月でその間に不動産会社は様々な広告活動を行い、不動産物件への客付けを行います。
媒介契約の種類にもよりますが不動産会社からの広告活動の報告をもらいます。
そして購入希望者が見つかれば売り主に報告して合意すれば契約することになります。
私の友人も不動産会社を通して大分の土地を売却したそうです。
この様な流れで売却が進んでいくので覚えておきましょう。

不動産の売却に関して

現在使っていない、また使う予定も今後もない土地の売却についてです。
土地の売却を考えている人などは土地に関しての様々な疑問があると思います。
土地を売却する場合に土地の相場がどれぐらいなのかということが一番気になる所だと思います。
土地の相場というのは流動的で正確な答えはないのかもしれません。
例えば同じエリア内の土地や物件であっても売買価格に差があることは当然です。
また同じエリア内であっても住宅用宅地もあれば、畑や田などの耕作地もあり、その土地の属性によって売買価格は大きく変化します。
よく使われる言葉ではありますが売買の相場を平均で言うことは難しい所なのです。
土地を売りたいと思った場合、まず不動産会社に土地の相談や査定の依頼すると思います。
査定をすることによって土地や物件がいくらなら売却することが可能なのか評価します。
査定で不動産会社が提示する金額は近隣の成約事例などを基にするため、
不動産会社によって査定の仕方や設定が違うので誤差はありますが、
周辺の売買物件や土地と大きな差が出ることはないはずです。
査定では土地の場所や路線価や土地の面積・方角・周辺の生活環境などを算定の基準にします。
中古住宅や中古マンションなどの査定も同様で土地の内容と建物自体の状況や住宅付帯設備などを含めて査定を行います。
滋賀で中古住宅として所有物件を売却しようと考えている叔父さんは、滋賀のリフォーム会社に依頼してリフォーム済み物件として売りに出そうとしています。
リフォーム済みかリフォーム前かでやはり物件の売却価格は大きく変わってきます。
まず売却の相談や査定の依頼をする前に不動産情報誌などで近隣の売買状況を調べておくなどして、
また相談や査定は基本的に無料なので複数の不動産会社に依頼して売却金額がどうなるか確認しましょう。